展覧会・イヴェントExhibithions & Events

展覧会 Special Exhibition

江上波夫没後20年 

ユーラシアへのまなざし―造形の美と技


【期間】

2022年11月17日(木)~2023年2月12日(日) 

【開館時間】

9:30~17:00(券売は16:30まで) 

【休館日】

毎週月曜日、年末年始(12月28日(水)~1月3日(火))

ただし1月9日(月)は開館、1月10日(火)は休館

【主催】

横浜ユーラシア文化館

【共催】

横浜市教育委員会

【後援】

朝日新聞横浜総局、神奈川新聞社、東京新聞横浜支局、毎日新聞社横浜支局、読売新聞横浜支局、NHK横浜放送局、tvk

【観覧料】

一般300円、小中学生・市内在住65歳以上150円

【会場】

横浜ユーラシア文化館3階企画展示室

【展示趣旨】

 横浜ユーラシア文化館のコレクションは旧石器時代から現代までのユーラシア諸地域の文物からなり、その礎を築いたのは著名な東洋学者江上波夫氏(1906-2002年)です。本年、江上氏の没後20年という節目を迎えます。

 本展では、その江上コレクションの中でも未公開資料を中心に、氏が長年関心をもち魅了された造形世界を探求します。動物の形をした西アジアの土器や美しい輝きを見せるイスラーム陶器、中国の帯鉤(ベルトのバックル)や馬具、モンゴル文字によるモンゴル語文書など、時代も地域も異なる多彩な資料を展示します。最新の研究成果も踏まえて、西アジア、東アジア、東南アジアの造形文化をお伝えします。

【展示構成】

Ⅰ 西アジアへのまなざし

Ⅱ 東アジアへのまなざし

Ⅲ 東南アジアへのまなざし

トピックコーナー 祈りの造形

【関連企画】

ギャラリートーク (各回30分程度)

2022年12月10日(土)午後2時、12月17日(土)午後2時、

2023年1月14日(土)午後2時、1月21日(土)午後2時、2月4日(土)午前11時・午後2時

*企画展観覧券が必要です。


新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、展示会期等を変更する場合がありますので、最新の情報は当館ホームページまたはお電話にてご確認下さい。

 

日本・ウズベキスタン外交関係樹立30周年記念

青が誘う ウズベキスタン 萩野矢慶記写真展

詳細はこちら

イヴェント Events

講座シリーズ「月イチ講座」

前方にスクリーンと講師。話に聴き入る聴衆お申し込み不要。月に1回、土曜午後2時から。
気軽に聴けてためになる30分。

※当面の間、開催を中止いたします。

【受講料】 200円 
※当日は担当館の常設展示室を無料でご覧いただけます。
【定員】 30名 先着順

日程・詳細はこちら

横浜都ユ大道芸

横浜都ユ大道芸のロゴ

題字 おろしぽんづ

横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館の中庭等で行う大道芸のパフォーマンス。開館祭などイヴェント時に開催しています。

過去の出演者紹介

第3回 横浜ユーラシア・スタチュー・ミュージアム開催のお知らせ

「第3回 横浜ユーラシア・スタチュー・ミュージアム」を2022年11月19日・20日に開催します。

詳細はこちらをご覧ください。

 


これまでの特別展・企画展はこちら

イヴェント等へのお申し込みの際にご提供いただきましたお客様の個人情報は、当館で適切に管理し、ご本人の同意なしに第三者に提供することはありません。
The museums concerned will never share with third parties any personally identifiable information you provide.