展覧会・イヴェントExhibithions & Events

展覧会 Special Exhibition

特別展

オホーツク文化 ―あなたの知らない古代―

Okhotsk Culture. Ancient History You Didn’t know.

 


【期間】

10月16日(土)~12月26日(日) 

【開館時間】

9:30~17:00(券売は16:30まで) 

【休館日】

毎週月曜日

【主催】

東京大学大学院人文社会系研究科・同附属北海文化研究常呂実習施設、横浜ユーラシア文化館

【共催】

横浜市教育委員会

【協力】

大阪府立近つ飛鳥博物館

【後援】

朝日新聞横浜総局・神奈川新聞社、東京新聞横浜支局、毎日新聞横浜支局、読売新聞横浜支局、NHK横浜放送局、TVK

【観覧料】

一般500円、小・中学生250円、横浜市内在住65歳以上250円

【会場】

横浜ユーラシア文化館3階企画展示室、2階常設展示室一部

【展示趣旨】

 特別展「オホーツク文化―あなたの知らない古代―」では、古代の北海道に発達した独特の文化であるオホーツク文化を取り上げます。

 オホーツク文化とは、サハリン南部から北海道の東北部、千島列島にかけて、5世紀から9世紀頃に広がった古代文化です。本州でいえばほぼ古墳時代から古代にかけての時期に相当し、北方からやって来た大陸系の文化だと考えられています。アザラシなどの海獣狩猟と漁撈を生活の基盤としており、竪穴住居の奥にクマの頭を積み上げた祭壇を築くなど、独特の儀礼を行っていたことが分かっています。

 東京大学大学院人文社会系研究科は、北海道北見市(旧常呂町)に設置した北海文化研究常呂実習施設を中心に、オホーツク文化の遺跡を多数発掘調査してきました。本展示では、本州では初公開となる資料を含む最新の研究成果に基づいて、本州の古代文化とは大きく異なる、オホーツク文化の姿を描き出します。

【展示構成】

第1章  オホーツクの暮らし
第II章  オホーツク文化の変遷と広がり
第III章 まつりといのり
第IV章  他地域との交流
第V章  東京大学と北海文化研究

【関連展示】

「サハリン・千島出土のオホーツク文化資料」 会場:2階常設展示室(一部)

戦前にサハリン・千島で収集されたオホーツク文化の資料を展示します。

【関連企画】

写真展「『東のモヨロ』―戦後まもなくのモヨロ貝塚発掘調査」原資料所蔵:東京大学大学院人文社会系研究科附属北海文化研究常呂実習施設
会場:当館1階ギャラリー ※11/5(金)~11/24(水)は休止。

【関連講座】

朝日カルチャーセンター横浜教室にて、特別展の関連講座を開催します。教室とオンラインのハイブリッドで実施予定です。

「オホーツク文化とは何か-知られざる北の「古代」」

日時:2021年12月19日(日) 13時30分~15時

料金:朝日カルチャーセンター会員3,300円、一般4,400円

詳細・お申込みは朝日カルチャーセンターHPからどうぞ。


新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、展示会期等を変更する場合がありますので、最新の情報は当館ホームページまたはお電話にてご確認下さい。

 

イヴェント Events

講座シリーズ「月イチ講座」

前方にスクリーンと講師。話に聴き入る聴衆お申し込み不要。月に1回、土曜午後2時から。
気軽に聴けてためになる30分。

※当面の間、開催を中止いたします。

【受講料】 200円 
※当日は担当館の常設展示室を無料でご覧いただけます。
【定員】 30名 先着順

日程・詳細はこちら

横浜都ユ大道芸

横浜都ユ大道芸のロゴ

題字 おろしぽんづ

横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館の中庭等で行う大道芸のパフォーマンス。開館祭などイヴェント時に開催しています。

過去の出演者紹介

第1回 横浜ユーラシア・スタチュー・ミュージアム開催のお知らせ

「第1回 横浜ユーラシア・スタチュー・ミュージアム」を11月21日・22日に開催します。

詳細はこちらをご覧ください。終了いたしました。

 


これまでの特別展・企画展はこちら

イヴェント等へのお申し込みの際にご提供いただきましたお客様の個人情報は、当館で適切に管理し、ご本人の同意なしに第三者に提供することはありません。
The museums concerned will never share with third parties any personally identifiable information you provide.