展覧会・イヴェントExhibithions & Events

展覧会 Special Exhibition

ウクライナ支援緊急写真展

「姉妹都市 オデーサに思いを」


【期間】

4月28日(木)~5月29日(日) 

【開館時間】

9:30~17:00(券売は16:30まで) 

【休館日】

毎週月曜日

【主催】

横浜ユーラシア文化館

【共催】

横浜市教育委員会

【後援】

横浜市国際局

【観覧料】

第一会場(1階ギャラリー):無料

第二会場(2階常設展示室一部:一般200円、小中学生・市内在住65歳以上100円

※観覧料はウクライナ避難民支援の義援金として寄付されます。

【会場】

横浜ユーラシア文化館1階ギャラリー、2階常設展示室一部

【展示趣旨】

横浜とオデーサ(オデッサ)は、共に戦火による焦土の中から復興したこと、同じく国際港湾都市であることをご縁として、1965年に姉妹都市となりました。オデーサ市は、人口約108万人を擁するウクライナ南西部の港湾都市で、首都キーウ(キエフ)、ハリキウ(ハリコフ)に次ぐウクライナ第3の都市です。「黒海の真珠」とも呼ばれる街並みを誇り、世界屈指の観光地であり、ユーラシアの歴史ある街です。

現在のウクライナの状況は、世界に衝撃をあたえています。当館はウクライナ支援緊急企画として、オデーサの歴史・街・人びとを紹介する写真展を開催いたします。ロシアのウクライナ侵攻以前の写真には、美しい街とそこに暮らす人びとの生き生きとした姿がうつし出されています。一方、侵攻後の写真からは、緊張下にあるオデーサの街の表情が伝わってきます。

本写真展を通し、姉妹都市オデーサの人びとに思いをはせていただければ幸いです。本展開催期間中にいただいた募金と観覧料は、義援金として、ウクライナ避難民等に対する人道支援のために寄付いたします。本写真展の開催にあたり、在日本ウクライナ大使館、横浜市国際局、オレクサンドル・ギマノウ氏Oleksandr Gimanov、平山勝太郎氏、オレグ・クツキー氏Oleg Kutskiy、ミリューチン・ドミートリ氏Milyutin Dmitryの御協力を得ました。記して謝意を表します。


新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、展示会期等を変更する場合がありますので、最新の情報は当館ホームページまたはお電話にてご確認下さい。

 

イヴェント Events

講座シリーズ「月イチ講座」

前方にスクリーンと講師。話に聴き入る聴衆お申し込み不要。月に1回、土曜午後2時から。
気軽に聴けてためになる30分。

※当面の間、開催を中止いたします。

【受講料】 200円 
※当日は担当館の常設展示室を無料でご覧いただけます。
【定員】 30名 先着順

日程・詳細はこちら

横浜都ユ大道芸

横浜都ユ大道芸のロゴ

題字 おろしぽんづ

横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館の中庭等で行う大道芸のパフォーマンス。開館祭などイヴェント時に開催しています。

過去の出演者紹介

第1回 横浜ユーラシア・スタチュー・ミュージアム開催のお知らせ

「第1回 横浜ユーラシア・スタチュー・ミュージアム」を11月21日・22日に開催します。

詳細はこちらをご覧ください。終了いたしました。

 


これまでの特別展・企画展はこちら

イヴェント等へのお申し込みの際にご提供いただきましたお客様の個人情報は、当館で適切に管理し、ご本人の同意なしに第三者に提供することはありません。
The museums concerned will never share with third parties any personally identifiable information you provide.