展覧会・イヴェント

展覧会 Special Exhibition

企画展

魅惑のランプ―古代地中海からヨーロッパ、アジア・日本まで―
Enchanted by Oil Lamps

2018年1月20日(土)~4月1日(日)

Saturday, January 20 to Sunday, April 1, 2018

 

 

 油と灯芯で火を灯すランプはユーラシア各地で古くから使われ、地域や時代によって多種多様な形に作られました。宗教的なモティーフやかわいらしい装飾、より使いやすいように細やかな工夫が見られます。
 本展では、世界有数のランプ数を誇る中山コレクションの中から約230点を展示し、古代地中海からイスラーム世界、近現代の南アジア、ヨーロッパ、そして日本に至るユーラシア各地のランプの魅力をご紹介します。また、「日本のあかり」として、横浜市指定文化財の灯火具コレクションの一部も公開します。

 

【観覧料】一般300円、小・中学生150円
Admission: \ 300 for Adults, \ 150 for primary and junior high school students


2018年3月10日(土)、11日(日)は開館祭で観覧無料!3月10日は午後7時まで開館時間を延長します!


上に円形の開口部、その向こうに把手、手前には注口のように伸びた部分を持つ、急須に似た形の陶器。緑色の釉薬がかかっている。

緑釉ランプ

イラン、10-11世紀

(中山コレクション)

 

うずくまる駱駝に乗った人物が円形の灯皿を支えている形の陶器。

褐釉駱駝形灯

中国、14世紀

(中山コレクション)


■ギャラリートーク
1/21(日)14:00~

2/9(金)18:00~

3/18(日)14:00~

各回30分程度
【参加費】企画展観覧料のみ


イヴェント Events

企画展「魅惑のランプ」関連企画  

■企画展関連講座
第1回 2018年2月17日(土)「古代オリエントのランプ」
第2回 2018年2月18日(日)「イスラーム世界のランプ」
第3回 2018年2月25日(日)「横浜のガス灯」
第4回 2018年3月3日(土)「日本の神話・伝承にみるあかり」
第5回 2018年3月4日(土)「火打金の話」
【受講料】200円
【定員】20名(先着順)
詳細はこちら

 

レンガ風タイル貼りの会場で、スライドを示しながら、男性講師がレクチャーしている。

企画展関連講座(2/17)

■古代の墓室をのぞいてみよう!

ランプが多く出土したシリアのパルミラ遺跡の地下墓を再現。中に入ってランプ の明るさを体感してみよう。

【開催期間】2018年1月20日(土)~4月1日(日)

【会場】1階ギャラリー

【観覧料】無料

 

かすかなあかりに人物の胸像が浮かび上がる。

パルミラの地下墓はこんな感じ?

■ワークショップ

・火打石を使ってみよう!
・ローマランプ作りを体験!

【日時】企画展「魅惑のランプ」開催中の土・日・祝日

9:30~16:30(受付は16:00まで)

【会場】1階 図書コーナー
【参加費】無料

 

こどもたちが白い型に粘土を詰め込んでいる。

ローマランプ作りワークショップ


ゲルに集まれ!―スーホの白い馬の世界へ―

スーホも住んだモンゴルの伝統的なゲル(家)が当館中庭に登場!スーホのおうちを見てみよう!

【公開日時】2018年2月24日(土)~3月11日(日)9:30~17:00

ただし、2/24はゲル組立て後12:00ごろから内部公開開始。3/11は16:30まで。3/10は19:00までご覧いただけます。

月曜休館日はゲルもお休みです。

■ゲルの組立て・解体

作業の一部にご参加いただけます。小雨決行。お申し込み不要。当日当館中庭へお出でください。

【組立て】2月24日(土)9:40~12:00(目標)

【解体】3月11日(日)16:30~17:00

■ゲル展示解説

【日時】2月25日(日)、3月3日(土)、3月4日(日)11:00から30分程度。

■スーホの服を着てみよう!

モンゴルの民族衣装試着体験。

【日時】2018年2月24日(土)13:00~16:30

2018年2月25日(日)、3月3日(土)、3月4日(日)、3月10日(土)、11日(日)9:30~16:30

■モンゴルのおはなし会

【日時】2018年3月10日(土)、11日(日)13:30~14:15

【読み手】ことりの会、中図書館ボランティアグループ・モックの会

【協力】中図書館

■馬頭琴 きける! ひける !演奏会

【日時】2018年3月10日(土)、11日(日)

馬頭琴ミニコンサート 14:30~15:00

演奏体験ワークショップ 15:15~16:30

【演奏・指導】宮原洋子(天馬の会主宰)

【協力】天馬の会


2018年3月10日(土)、11日(日)は開館祭で企画展・常設展の観覧無料!ご来館をお待ちしています!!



チラシ(PDF842KB)

直径6 m弱の白い円形の家で屋根は盛り上がっている。木の扉が開いていて大人と子供が中をのぞいている。

モンゴルのゲル

20人を越える大人や子供が木製の骨組みの周りに集まっている。

ゲルの組立て

ブルーの長衣にオレンジ色のベストを着用し帽子を被ってゲルの前に立つ少年。ベージュの衣装でカメラを構える女性。ブルーの衣装で寄り添う少女。

モンゴルの民族衣装で記念撮影

木を斜格子に組み合わせて作られた壁に、棹の先端が馬の頭の形をした弦楽器が立てかけられている。

馬頭琴(モリンホール)


横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館

開館祭

今年で開館15周年!みなさまへの感謝の思いを込めて、全館無料、イヴェントいっぱいでお待ちしています!!

【開催日】2018年3月10日(土)、11日(日)

【時間】3/10(土)9:30~19:00、3/11(日)9:30~17:00

詳細はこちら (PDF4.32MB)


詳細はこちら (PDF4.32MB)


横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館

講座シリーズ「月イチ講座」

お申し込み不要。月に1回、土曜午後2時から、気軽に聴けてためになる30分。

【受講料】200円 ※当日は担当館の常設展示室を無料でご覧いただけます。

【定員】 30名 先着順

日程・詳細はこちら


右手でスクリーンを示しながら講演する男性学芸員と講演に聴き入る聴衆。

月イチ講座


横浜都ユ大道芸

横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館の中庭等で行う大道芸のパフォーマンス。

次回は、3月10日(土)、11日(日)の開館祭で開催!詳細は決まり次第おしらせします。

これまでの出演者紹介


横浜都ユ大道芸のロゴ

題字 おろしぽんづ


イヴェント等へのお申し込みの際にご提供いただきましたお客様の個人情報は、当館で適切に管理し、ご本人の同意なしに第三者に提供することはありません。The museums concerned will never share with third parties any personally identifiable information you provide.


これまでの特別展・企画展はこちら