展覧会・イヴェント

展覧会 Special Exhibition

横浜ユーラシア文化館夏の特別展●天理大学創立90周年記念巡回展

ギリシア考古学の父 シュリーマン

―初公開!ティリンス遺跡原画の全貌―

Special Exhibition at the Yokohama Museum of EurAsian Cultures
Commemorating the 90th Anniversary of the Foundation of Tenri University
Father of Archaeology, Heinrich Schliemann: The First Exhibition of Tiryns Original Paintings

2016年7月16日(土)~9月4日(日)

Saturday, July 16 to Sunday, September 4, 2016

シュリーマンの直筆が残る調査報告書の原画、シュリーマンが情熱を注いだ古代ギリシア、エジプトの考古遺物など、天理参考館所蔵の貴重な資料に加え、幕末1865年に来日したシュリーマンが横浜・江戸滞在中に綴った直筆日記を、当館で初めて紹介します。

Heinrich Schliemann (1822-1890), a German merchant, world traveler, self-taught polyglot and a pioneer archaeologist, was a man of great determination and enthusiasm. This exhibition aims to shed light on Schliemann, who made significant contribution to the development of Greek archaeology through his discovery of Tiryns, and on his powers of observation as a world traveler through his diaries kept during his journey to Japan in 1865, which he signed “Henry Schliemann.” The original Tiryns paintings with Schliemann’s own editorial notes owned by the Tenri University Sankokan Museum are the featured exhibit, and the Diaries A6 and A7 (American School of Classical Studies at Athens, Gennadius Library Archives, Heinrich Schliemann Papers), introduced for the first time in Japan through digitized images, are the flagship among archival collections housed in the ASCSA. These are of immense importance in conducting unbiased reexamination of Schliemann’s life and achievements.

【観覧料】一般300円、小学・中学生150円

Admission: \300 for adults, \150 for primary and junior high school students


シュリーマンの自筆書簡の展示

資料保全のため期間を限って展示します。お見逃しなく!

●シュリーマンの書簡 アテネ発某博士宛(1874年3月14日)
【展示日】7/16(土)、7/30(土)、8/11(木・祝)、8/13(土)、 8/27(土)、9/3(土)、 9/4(日)

●シュリーマンの書簡 イギリスのオルガン奏者ジョン・スタイナー宛(シュリーマン著『イリオス』1880年刊に添付)
※横浜会場で初めて展示されます。
【展示日】7/17(日)、7/31(日)、8/11(木、祝)、 8/14(日)、8/28(日)、9/3(土)、 9/4(日)

詳細はこちら(PDF 1.55 MB)

 

■■関連企画■■

●展示深読み講座

●ギャラリートーク

●ワークショップ

詳細はこちら

 


特別展開催中の水曜日は夜7時まで開館!


 

イヴェント Events

特別展「ギリシア考古学の父 シュリーマン」関連企画

■展示深読み講座

2016年7月27日(水)18:00~

「ティリンス遺跡について」

津本英利氏(古代オリエント博物館研究員)

2016年8月3日(水)18:00~

「シュリーマンがみた幕末の横浜・江戸」

吉﨑雅規氏(横浜市歴史博物館学芸員)

【参加費】特別展観覧料のみ

■ギャラリートーク

2016年7月17日(日), 7月31日(日), 8月14日(日), 8月28日(日)各回14:00~

横浜ユーラシア文化館担当学芸員

2016年9月4日(日)14:00~

巽善信氏(天理大学附属天理参考館学芸員)

【参加費】特別展観覧料のみ

■ワークショップ

古代ギリシア・エジプトの民族衣装を着てみよう!

協力 古代オリエント博物館

【日時】2016年7月16日から9月4日までの

土曜日、日曜日、祝日 9:30~16:30

【会場】1階図書コーナー

【参加費】無料

古代エジプトの文字ヒエログリフで名前を書こう!

【日時】2016年7月16日から9月4日までの

土曜日、日曜日、祝日 

11:00~、12:00~、13:00~、14:00~、15:00~、16:00~ 当日受付け

【会場】1階ギャラリー 

【参加費】無料

展示深読み講座は各回45分程度、ギャラリートークは30分程度を予定しています。

お申し込み不要。

直接特別展会場へお集まりください。


横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館

ミュージアムで夏まつり!

8/11山の日は、全館無料の夏まつり。特別展「ギリシア考古学の父 シュリーマン」ももちろん無料。ユーラシア各地の民族衣装の試着や缶バッジ作りなど、楽しい企画をたくさんご用意してお待ちしています。

【日時】2016年8月11日(木・祝)9:30~17:00


詳細はこちら(PDF1.16MB)


横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館

講座シリーズ「月イチ講座」

お申し込み不要。月に1回、土曜午後2時から、気軽に聴けてためになる30分。

【受講料】200円 ※当日は担当館の常設展示室を無料でご覧いただけます。

【定員】 30名 先着順

日程・詳細はこちら



横浜都ユ大道芸

横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館の中庭で行う大道芸のパフォーマンス。開館祭などのイヴェント時に開催します。次回開催日は決まり次第このサイトにてお知らせいたします。

これまでの出演者


題字 おろしぽんづ


イヴェント等へのお申し込みの際にご提供いただきましたお客様の個人情報は、当館で適切に管理し、ご本人の同意なしに第三者に提供することはありません。The museums concerned will never share with third parties any personally identifiable information you provide.


これまでの特別展・企画展はこちら