収蔵資料

砂漠と草原
  ばようとうぶ  Terracotta Horse Head

土製品

Clay

中国

China

後漢 1~2世紀

Eastern Han Dynasty, 1st-2nd century CE

高16.9 cm

H. 16.9 cm

俑とは、死者とともに葬られるために作られた、粘土製の人や動物の模型です。この馬は、今では頭部しか残っていませんが、もともとは全身像だったと思われます。馬の特徴を捉えた生き生きとした造形で、赤色で彩られています。金属製のミニチュアの馬具を伴って出土する例もあります。

Yong, or terracotta figures buried in the tomb, were made to function as the real object they represent in the service of the deceased. This head of a horse is characterized by remarkably idealized modeling. Some yong horses have been discovered together with metal harnesses.