収蔵資料

砂漠と草原
  いどうしきようとうつきかまど  Movable Hearth with Design of Sheep Head

土製品

Clay

イラク

Iraq

中期青銅器時代 紀元前第2千年紀

Middle Bronze Age, 2nd millennium BCE

高19.4 cm, 幅40.0 cm, 奥行33.0 cm, 重量11 kg

H. 19.4 cm, L. 40.0 cm, W. 33.0 cm, Weight 11 kg

三つの羊頭が向き合った形の五徳(ごとく)です。この上に鍋などをのせ、煮炊きに用います。煤が付着しており、実際に使用されたことが分かります。縁に刻みを入れ、十文字や列点の文様が彫り込まれています。

This hearth made of clay is decorated with three sheep-head motifs. The burned and darkened areas suggest that the hearth was actually used for cooking. The surface is decorated with incised lines and marks.